« 基本、デュエル・マスターズ!? | トップページ | 2009、DR初め »

2009年1月10日 (土)

池っち店長との会話

090110_1349 『CK児島店』池っち店長と遊んできました。

息子は午後からサッカーに行ったので、娘(小3)と下の子(小1)を連れて行く。

というか、この二人、前回、池っち店長とデュエルをしたのが楽しかったらしく、連れて行けとうるさかった、というのが本当のところですw

店に着くと店内はすごい人。
60人ぐらいいたのかな?
ましまろさんやタミちゃん、HIT!くんたちも来ていて、新年のご挨拶。
でも、とにかく人が多くて満足にフリーができなかったのが少し残念でした(^^;

池っち店長が到着すると、さっそく整理券が配られ、順番に店長と対戦。
娘も下の子もそれぞれ2回ずつ対戦してもらい、大満足。

ちなみに結果は、

下の子は、1勝1敗。

娘は、先に1勝した後、店長泣きの2戦目。

【ミルドガルムス】【ザールベルグ】で容赦なくランデスされ、残り3マナ。
この絶体絶命の局面で、まさかの【ダイヤモンド・ソード】!起死回生の逆転勝ちで2連勝。

ギャラリーの拍手と店長からお褒めの言葉をいただいてうれしそうでした(^^)

私も店長から、『デュエル・マスターズ』の情報を聞いたり、《秘密デッキX》を見せてもらったり、朝日新聞の記事について語り合ったりして、有意義な時間を持つことができました。

ちなみに、新聞記事については、

一般紙で、「こどもの声聞こえてる?」というシリーズの中で、限られた紙面で、一般読者を意識した記事としては、今の時点ではこの辺りが限界なのかなぁ、という印象です。

池っち店長もTCGの魅力を伝えようとずっとがんばってくれています。
そして、ネット上でも、リアルでも、親父を含むたくさんのデュエリストの方々がその魅力を伝えようと様々な情報を提供したり、たくさんの実践を繰り返したりしながら、そのおかげで、今、やっとここまでこれているのかな、と。

まだ、ここまでなのか、という気もしますが(^^;

TCGの真の魅力や親子で取り組むことの意義は、やはり言葉では語り尽くせないものがあります。
しかし、実際にカードに触れてみて、子供たちと向き合って一緒にやってみれば、そのすばらしさはきっと実感として分かるはず。

何かをきっかけとしてTCGに興味を持ち、その魅力に気づく人が増えていけば、きっと世間での理解も深まり、今よりも文化として発展していくはず。

まだまだ時間はかかるかもしれないけれど、TCGにはそれだけの力があると思っています。

今日は、池っち店長と話しながら、そんなことも考えたりしました(^^)

|

« 基本、デュエル・マスターズ!? | トップページ | 2009、DR初め »

コメント

この頃忙しくコメントできませんでした。

池っち店長とデュエル、会話なんてうらやましいです^^;
僕は宮城住みなので縁がないお話ですけどね。

TCGの魅力に関してはポリゴンさんのおっしゃる通りだと
おもいます。
なんかこういう記事見てるとしみじみしますね(笑)

投稿: ZACK | 2009年1月11日 (日) 21時19分

どうも!

昨日の大会では、当たることはできませんでしたけど

フリーで、いっぱいデュエル出来て楽しかったです(v^ー゜)ヤッタネ!!


自分はまだ会ったことが無いので(池っち店長)まず会って、
デュエルしてみたいです!!!

今日は、カード王の大会に出るつもりです!
では、またデュエルしましょう!!!

投稿: ツー | 2009年1月12日 (月) 08時43分

>ZACKさん
倉敷には『カード・キングダム』があるので、年に2回、池っち店長が来ます。
店長との対戦は楽しいし、興味深い話がたくさん聞けるので、毎回会いに行っています。
そのうち宮城にも『カード・キングダム』ができるといいですね。

TCGの魅力を知らない人に理解してもらうのは簡単ではないけれど、きっと少しずつ理解者は増えていくはず。
ZACKさんも一緒に、身近なところからTCGの魅力を伝えていきましょう(^^)


>ツーくん
昨日はありがとう。
たくさんフリーできて楽しかったです。
あの【執拗なる鎧亜の牢獄】連打には参りましたw

池っち店長は楽しい人なので、次回は会いに行けるといいね。

ちなみに、今日の『カード王』の大会はどうでしたか?
私も行きたかったんだけど、残念ながら今日は仕事でした(^^;

投稿: ポリゴン | 2009年1月12日 (月) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池っち店長との会話:

« 基本、デュエル・マスターズ!? | トップページ | 2009、DR初め »