« マナ色の話~最終回 | トップページ | ビクトリーツアー »

2011年7月 4日 (月)

続・デュエルマスターズ支援


先日、記事にさせていただいた『デュエルマスターズ支援』。(→こちら

6月には10000枚を越えるカードがおけらさんのところに集まったそうです。


集まったカードは、NPO法人「だがしや楽校」Sさんが2万キロ以上の距離を走破し、被災地に届けてくださっていますm(_ _)m

先週の日曜日には、仮設住宅で暮らす子供たちに約2000枚のカードが配られ、えがおの花が咲きました。
(支援活動の映像やカードの送り先については、A-KIDさんが作ってくださった「えがおの花」(→こちら)をご覧ください。)


私としては、これからも継続した支援活動が行われるといいな、と思っていますが、個人でカードを送るには限界があります。

そこで、今までお世話になってきた地元岡山のカードショップに足を運んで、協力をお願いしました。



まずは、『カード王・東岡山店』

201107041636000

店員のT内さんは、すでに『デュエル支援』のことをご存じで、二つ返事で快く引き受けてくださり、さっそくブログでも記事にしてくださいました。(→こちら

今日、私が作成した「カード回収BOX」をカウンターに置かせていただきましたが、

T内さんとしては、

「店の段ボール箱を支援カードでいっぱいにしたい」

と言ってくれています。

東岡山は、「hippo杯」では絵師さんのお世話になったこともあるし、心優しいデュエリストが多いので、たくさんカードとともに熱い気持ちが集まるといいな、と思っています。

無理をする必要はないので、協力できる範囲でよろしくお願いしますm(_ _)m



もう一軒は、『オレタン』(→こちら

201107041704000

社長さん、店長さんともに、TCGに対する深い愛情と熱い気持ちの感じられる方々。

こちらも、『デュエル支援』のことを知ってくれていて、すぐに協力を約束してくださいました。

今日、店に寄らせてもらったのですが、さっそく 店独自の「支援カードBOX」を作って用意してくださっていたり(左の画像)、
取引のある他のカードショップにも呼びかけてくださったり、
おけらさんとも連絡を取りながら、積極的に活動してくださっています。

『オレタン』の持っているネットワークを通じて、さらに支援の輪が広がるといいな、と思っています。


岡山のデュエリストで、支援活動に協力してくださる方は、『カード王・東岡山店』『オレタン』に行ってカードをBOXに入れてくだされば、被災地の子供たちに届けることができます。

個人でできることには限界があるけれど、たくさんのデュエリストの温かくて熱い気持ちが集まれば、継続して支援活動を行うことが可能かもしれません。



復興までの長い道のり、被災地の子供たちに心からの笑顔が戻る日まで、

全国から継続してたくさんのカードが集まり、応援する気持ちを届けることができたらいいな、と思っています。

|

« マナ色の話~最終回 | トップページ | ビクトリーツアー »

コメント

おおおおおっ!
みなさんご協力ありがとうございますっ!

そしてポリゴンさん精力的に動いていただいてありがとうございます

僕も手持ちのカードはほぼなくなってしまったので、僕の方もまたいろいろ
知り合いを通して声をかけていこうと思います。

仕事上せっかく絵師さんと繋がりが有りますので逆になにか考えてみているところです。

みなさんのおかげで着実に笑顔の花は咲いていると思いますっ

投稿: 浜田(おけら) | 2011年7月 5日 (火) 02時06分

本当に素晴らしい取り組みです。
こんな箱があると、我が家のように沢山のカードは送れないけど・・・ってな子どもも協力しやすいですね。

ところで、カードと一緒にストレージBOXやファイルを送るような活動はなさってないのですか?
物理的に難しいのでしょうか。

というのも、取り組みを拝見していて母親として気になるのが、カードを受け取った子ども達が きちんとお片づけできるかな、ということ。

いつも散らかっていては、いつか片付け役のママが怒り出します。
で、「いらないなら、捨てちゃうよ!」ってことにならないか、心配なんです。
残念ながらカードって、楽しさを知らないママには価値を見出してもらえないんですよね。

また、今はそれほど興味がない子も、きちんとしまっておければ そのうちにふと遊んでみたくなるかもしれませんし。

私の住む地域も軽微ながら被災し、全国から沢山の物資を送っていただきました。
しかし落ち着くにつれ、行き場のない物資が多くなり、最終的には処分せざるをえなくなってしまい・・・。
そんな様子を見てきた身としては、皆さんの気持ちのこもったカードが1枚でも無駄になるのは、つらいのです。

被災地といっても状況はさまざまで、多少落ち着いてきた地域ですと、そんな心配もあるのかなあ なんて思いました。

投稿: ルピアのくちばし | 2011年7月 5日 (火) 16時06分

>浜田(おけら)さん
コメントありがとうございます(^^)

カードの取りまとめはたいへんだと思いますが、これからもおけらさんのところにたくさんのカードが届くように活動したいと思っています。
よろしくお願いしますm(_ _)m

>絵師さんと繋がりが有りますので逆になにか考えてみているところです
おお~、それは凄い!
おけらさんと絵師さんにしかできない支援の形に私も期待しています!


>ルピアのくちばしさん
コメントありがとうございます(^^)

>子どもも協力しやすいですね
今回、我が家は支援カードと一緒に下の子が書いたイラスト入りの手紙を送ったのですが、現地の子供たちにとって、同世代の仲間からの支援は元気が出るようで、とても喜ばれたようでした。
カードだけでなく、たくさんのデュエリストからの温かくて熱い想いが届くといいなぁ、と思っています。

>カードと一緒にストレージBOXやファイルを送るような活動はなさってないのですか?
物理的には問題ないと思うので、ストレージやファイルも大歓迎です(^^)
実際、スーパーデッキやスリーブなどを送ってくださった方もいて、喜ばれていると思います。
カードだけでなく、カードを管理したり保護したりするために必要なストレージやファイル、スリーブなども送ることができたらいいな、と思うのですが、提供できる人が少ないのでなかなか集まらないのが現状だと思います。
何かよい方法があるといいのですが。

>「いらないなら、捨てちゃうよ!」
(笑)なるほど~、それはあるかもしれないですねw
子供たちの笑顔を見て、今までカードゲームを快く思っていなかった親御さんもその価値に気づいてくれたらいいなぁ、と思いますが、そんなふうに考えない方もおられるでしょうから。
でも、私の送った支援カードが十分役目を果たして、子供たちが心からの笑顔で生活できる日常が戻って、お母さんに「いらないなら、捨てちゃうよ!」と処分されてしまう日が来たら、私としてはむしろ本望かもしれません。

今はまだ、広範囲にわたる被災地にカードを待っている子供たちがたくさんいて、カードはいくらあっても足りないと思っているので、私としては「いらない」と言われる日まで、支援を継続できたらいいな、と思っています。

ストレージやファイルについても、地元のデュエリストに呼びかけてみますね(^^)

投稿: ポリゴン | 2011年7月 5日 (火) 21時23分

 おおッ、さすがポリゴンさん、いいタイミングで第2弾ですね!
 支援用の寄附の箱も素敵ですね。
 私のホームはおもちゃ屋さんが多いので同じ取組は少し難しく、支援の大会をするのに、小学生から参加費とるのもお店の方針もあるしなってところで悩んでいます。
 ルピアのくちばしさんは、ストレージやデッキボックスを心配されているようですが、これは京都の便では送らせてもらっています。
 ただ、私はストレージや今のトッキュー8の副賞のデッキケースこそ、タカラトミーが手配してくれてもいいんじゃないかと思っています。(単価は安いと思いますし)
 いずれにしろ心配があるからしないじゃなく、問題があれば被災地からフィードバックがあることを信じて、できることをするのが私たちにできることではないかと思います。
 長文になりました、ポリゴンさんごめんなさい。
 

投稿: ポコ丸 | 2011年7月 6日 (水) 19時52分

>ポコ丸さん
>いいタイミングで第2弾ですね
さすが深読みのポコ丸さんだ、鋭いですね。
私としては、6月だけでなく、7月も8月も9月もその先も、ずっと途切れることなく支援カードが届くといいな、と思っているので、定期的に記事を上げていこうと思っています。
「だがしや楽校」のSさんが、被害の大きかった地域にも精力的に足を運んでくださっているので、カードは確実に現地の子供たちの手に届いています。

>ストレージや今のトッキュー8の副賞のデッキケースこそ、タカラトミーが手配してくれてもいいんじゃないかと思っています
あきらめずに声を上げていけば、ストレージやファイルも集めることができるかもしれないですね。
ルピアさんからもヒントをいただいたので、次回は、そのことも含めて記事にしてみます。

>長文になりました、ポリゴンさんごめんなさい
いやいや、長文大歓迎なんですけどw
これからも気楽に好きなだけコメントを書いちゃってください(^^)

あ、そうそう、ポコ丸さんに初めて会ったのは2007年8月「大阪公式大会」前日の京都ですよ。mixi日記に書いてあるので間違いありません。
大会当日の朝は、開場を待つ行列に並んで、汗だくになりながら路上でフリー対戦をしました。
私の記憶では、私は「シータビート」、ポコ丸さんは「ウェーブストライカー」を使って、1勝1敗だったと思いますw

投稿: ポリゴン | 2011年7月 6日 (水) 20時55分

度々すみません。
ポリゴンさんをはじめ、皆様の温かいお気持ちがとても良くわかり、思わず涙が出ました。
たくさんの子ども達に笑顔の花が咲きますように!

投稿: ルピアのくちばし | 2011年7月 6日 (水) 21時36分

 ポリゴンさんのmixi日記チェックしてきました。(思わずいろいろ読み込んでしまいましたw)
 なるほど!私も京都オフがデビューで、2007年の前夜祭は、まだまだ知らない人ばかりだったのでテンパっており、大会当日の朝のポリゴンさんとのフリーの印象に埋もれてしまったようです。
 当日は天気がよく、朝から暑さをこらえながらフリーしたことはよく覚えています。(岡山弁(「~じゃ」という語尾とか)にちょっと怖い人だなとそのとき思ったのは秘密)
 

投稿: ポコ丸 | 2011年7月 7日 (木) 08時37分

>ルピアのくちばしさん
>度々すみません
いやいや、度々のコメント大歓迎ですw
これからも気にせず気楽にコメントをお願いします(^^)

ルピアさんに賛同してもらえると、とても心強いし勇気づけられます。
ありがとうございます(^^)


>ポコ丸さん
>思わずいろいろ読み込んでしまいました
(笑)ブログを始める前、mixiに日記を書いていた頃が、DMに関しては私の全盛期だったと思っていますw

>ちょっと怖い人だなとそのとき思ったのは秘密
え~、そうなんですか?すいません(^^;
決して、言葉で相手を威嚇して心理的アドバンテージを得ようなどとは考えていないのですが、悪気なく普通に話すと岡山弁は、「仁義なき戦いの世界」じゃけぇw
その点、京都弁は穏やかで優しい響きでいいですね~

こんな私ですが、決して怖い人ではないはずなので、また一緒に遊んでやってくださいw

投稿: ポリゴン | 2011年7月 7日 (木) 21時27分

はじめまして
僕は12歳なんですが、さっそくカード王東岡山店でカードを入れさせてもらいました!
これからの活動応援しています!

投稿: uik | 2011年7月11日 (月) 22時06分

>uikくん
初めまして(^^)

支援カードを提供してくれてありがとう!
とってもうれしいです!!

被災地の子供たちは、同じ年頃の友達からカードが届くと元気が出るようなので、uikくんのカードもすごく喜ばれると思います(^^)

投稿: ポリゴン | 2011年7月12日 (火) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1093496/40675251

この記事へのトラックバック一覧です: 続・デュエルマスターズ支援:

« マナ色の話~最終回 | トップページ | ビクトリーツアー »