« ユウ&アツト | トップページ | 新殿堂 2013春 »

2013年2月12日 (火)

ボルコン杯


大会に参加するときや遠征するときに必ずストレージに入れて持ち歩いているデッキがあって、
それは「ボルコンハイランダー」

きっと、Deadmanの記事(→こちら)やBasquiatさんの記事(→こちら)に影響を受けたのがきっかけだったと思っています。
2009年ということは、3年以上も前の記事なんですね。


そして、現在の師匠は、わかやまん(→こちら)。

私は師匠から「名誉九段」の称号をいただいているのですが、
もっと精進していつの日か「名誉」ではなく本物の「九段」になりたいと思っていますw


前置きが長くなりましたが、

2/9、ユウ&アツトが去った後、
「オレタン」「第1回 岡山ボルコン杯」が行われました。


中心となってくれたのは、004くん


この日の「オレタン」「ユウ&アツト」がメインだったので、「ボルコン杯」については、

「その場の雰囲気を見てできそうだったら大会をやろう」

って感じで、事前に特別な広報や準備をしていたわけではありません。


でも、当日、004くんが、

「これから『ボルコン杯』を開催しま~す!」

と告知すると、

デッキを用意していた参加希望者は32名!


その場で賞品として提供されたのが、

徳島のh164さん
から
《WINNER ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》

004くんから
《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン ver.アフロ 

りゅーてぃくんから
「黄金パック」×5


私としても
《ボルメテウス・レッド・ドラグーン》


運営協力者は、

りゅーてぃ くん
T-BROWN くんfogionくん、を始めとする大会運営経験者揃い。
(すでにみなさんとは知り合いだと思っているのでw、全員「くん」付けとさせていただきましたm(_ _)m)

「オレタン」の全面協力もあり、
打ち合わせもなくアドリブで行っているとは思えないほどスムーズな進行で、
本格的な「ボルコン杯」となりました(^^)


【大会結果】

大会は、
スイスドロー1本勝負(制限時間20分)
で行われ、32名の猛者たちの中で勝ち上がったのは、

  1位 モグミさん

  2位 PRIDEさん

  3位 fogionさん

  4位  004さん

でした。

おめでとうございます(^^)


ちなみに、私の結果は、

 1戦目 vs 高校生くん 

 2戦目 vs PRIDEくん ×

 3戦目 vs T-BROWNくん ×

 4戦目 vs 守の字くん 

 5戦目 vs トモ(下の子小5♂) ×

って感じで、トータル2勝3敗。

最後、我が子に勝てば勝ち越しだったのに、負けてしまってちょっと悔しいのですが、
でも、どの対戦も楽しかったのでOKです(^^)


【印象に残ったカードベスト3】

この日は、大会以外にもフリーで、やもくんましまろさんh164さんりゅーてぃくんfogionくんといった多くのプレイヤーと対戦できました。
もちろん、すべて「ボルコンミラーマッチ」なのですが、一口に「ボルコンハイランダー」と言っても、構築は人それぞれ。
デッキに投入するカードにプレイヤーの好みや個性が表れるのも「ボルコン」のおもしろさだと思います。

この日の対戦でも、たくさんのカードに驚かされましたが、その中から特に印象に残ったカードを3枚選んでみます。


《ガチンコ・ジョーカー》

今回、相手に使われて一番強かったカード。

2戦目で対戦したPRIDEくんのデッキに入っていて、私はこいつを4発食らって力尽きました(ToT)
でも、逆に3発までは耐えたので、むしろよくがんばったと言えるかもしれませんw
決まれば《ロスト・ソウル》に匹敵する破壊力を秘めていると感じたので、さっそく自分のデッキに投入して確かめてみたいと思っています。


《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン ver.USA

相手に使われて一番かっこよかったカード。
今回の「ボルコン杯」「プロキシOK」なので使用可能です。

3戦目で対戦したT-BROWNくんのデッキに入っていて、私は初めて見たカードでした。

イラストは、6弾の《獅子猿さんver.
英語のカード名、英語のテキスト、光り方がめちゃめちゃかっこよくて、大会中にもかかわらず、
「この《ボルメテウス》に殴られて負けるのなら本望だ・・・」
などと一瞬思ってしまいましたw
いやほんと、あの《ボルメテウス》には、そういう意味で相手の心を折るだけの迫力があると思います。
私はコレクターでは全然ないのですが、いつか手に入れたい幻の逸品になりました。


《転生プログラム》

この日、自分で使って一番弱かったカードw

フリーで fogionくんと対戦したときのこと 
一進一退の攻防で迎えた終盤、お互いに盤面をにらみながら攻撃のタイミングを伺う局面で、
ここが勝負所と判断して、相手バトルゾーンで行く手を阻んでいる《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》《転生プログラム》を打ち込み、ブロッカーを退かせて一斉攻撃をすることを決意。

で、《転生プログラム》《ジャンヌ・ダルク》を破壊して山札の1枚目をめくると・・・・


何っ?《バベルギヌス》!?



結果、墓地からよみがえった《ジャンヌ・ダルク》が何事もなかったかのようにバトルゾーンに立ちはだかり、
返しのターン、《ジャンヌ・ダルク》に此方のブロッカー2体がタップされ、一斉攻撃を食らって負け(ToT)

・・・う~む。
私が《転生プログラム》を使うと必ずこんな感じになるんだよなぁ・・・(遠い目)

でもまぁ、それも含めて面白いので、
私としてはこれからも《転生プログラム》は使い続けるつもりですw


【ひょうたん】

この日の締めくくりは、いつもの「ひょうたん」

メンバーは、ましまろさん&タミちゃん大の字さん&守の字くんHIT!くんアモスくん私&トモ

おいしい料理をいただきながら、まったりとした落ち着いた時間を過ごす。

今回は「大の字杯」ではなかったので、また次回、「第13回大の字杯」ができたらいいなぁ、と思ったり。

「ボルコン杯」もとっても楽しかったので、ぜひまたやりたいなぁと思ったり。



今回、お会いできたみなさん、対戦してくださったみなさん、楽しい時間をありがとうございました。

「ボルコン」に関しては、私は普段からストレージに入れて持ち歩いているので、いつでも声をかけてください。

また一緒に遊びましょう(^^)

|

« ユウ&アツト | トップページ | 新殿堂 2013春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボルコン杯:

« ユウ&アツト | トップページ | 新殿堂 2013春 »